みぃ~太郎のウグイング生活

みぃ〜太郎のウグイング生活

ウグイを愛するみぃ~太郎が、様々な角度からウグイの魅力を発信します!

ウグイが病気になっちゃった!?

f:id:n-m-c-9311:20161007231214j:plain

どうも、みぃ〜太郎です!

ウグイを飼育を始めて1週間ほど経ちました。

前回、ボスとチビが水槽の蓋で怪我をしたという話を書きました。

その後、数日たってボスの傷はほぼ完治しましたが、チビの傷はまだ治りません。

それどころか、調子悪そうです。

よく見ると、エラが白くなっています。

水槽から出して見ると、明らかに白くなっています!

f:id:n-m-c-9311:20161008201258j:plain

膿みたいで気持ち悪いです。

ネットで調べて「これは、もしやミズカビ病では!?」と思い薬を買いに行きました。

しかし、日中忙しくてなかなかペットショップみたいなところはいけませんでした。

プロに写真見てもらいたかったんですが、仕方ないのでホーマックに行ってみました。

みぃ~太郎の町のホーマックはスーパーデポと言って、普通より大きいホーマックなので、魚とかも売っています。

なので、「魚に関して全くの素人ではない店員さんもいるだろう!」と思い、行ってみました。

 

早速店員さんを見つけて写真を見せて尋ねてみると、店員さんいわく「何とも言えないけど、病気というよりも傷口が炎症を起こしているだけかな~。」と言っていました。

 

そこで勧められたのが、塩でした。

塩で殺菌するみたいです。

次に進められたのが、レンブルーという薬です。

その名の通り青い色をしています。

 

この薬を見たとき、ふっと小学生の時の古い記憶がよみがえりました。

 

 みぃ~太郎がまだかわいい小学生だったあの頃、教室で金魚を飼っていたんですよね~。

生きもの係になった人が毎日エサをあげていました。

ちなみに、みぃ~太郎は黒板消し係が好きでよく立候補していましたね~。

それは、どうでもいいんですがある日の朝、みぃ~太郎がいつものように教室に来ると、

 

なんと!

 

金魚の水槽が真っ青な色になっていたんです!!

 

「あらら!!!誰かがいたずらして食紅を入れたんだ!!!」とみぃ~太郎は思いました。

なぜかその頃そうめんを青い食紅で色をつけて食べることがみぃ~太郎一家の流行りだったので、みぃ~太郎の頭の中では青い色をつけるものと言えば食紅!みたいな構図になっちゃていたんですよね~。

でも、シャイな子だったので先生にも友達にも「水槽、真っ青事件」ことは言えませんでした。

なぜか友達たちも水槽の前にいるのに誰も色が青いことに気をとめません。

きっと、「あの子たちが食紅を入れたからシラを切っているんだな!」と勝手に思っていました。

しかし幾日かが過ぎたある日、とうとう水槽の掃除をする日が来たんです!!

「これでやっと、先生も水槽が真っ青なことに気付くぞ!ハ~。きっと今日のこの時間はお説教タイムだ…嫌だな~。」と思いました。

しかし、先生は何食わぬ顔でポンプで水をバケツに移し替えて、

 

「みぃ~太郎君!この水を流しに捨ててきてね!」

 

と言います。

ウーン。おかしいな~。と思いながらバケツを持ってふと水槽の横を見たときに例のボトルを見つけました。

 

「あっ!やっぱり食紅だ!!こんな大きなボトルの食紅を水槽に入れたのか!?そりゃ、真っ青になるわ~。」

 

と思いましたが、放課後にこっそりそのボトルを見ると、グリーンFリキット、動物薬品と書いてありました。

 

なんだ、薬か~!!!

 

そこでみぃ~太郎はやっと誰かの悪戯じゃなかったことに気づいたとさ。

めでたしめでたし!

 

…ということが昔あったわけですよ~!(笑)

だから、懐かしいボトルだな~と思い、塩ではなくメチレンブルーを買いました!(笑)

f:id:n-m-c-9311:20161007231216j:plain

 

そんなんで選んでいいんか~い!

 

と言われそうですが、良いんです!!

薄めに使えば予防もできるよ!と店員さんに言われたので…。

f:id:n-m-c-9311:20161007231211j:plain

早速、入れてみました。

青いですね~。

学校の水槽はこの比じゃないぐらい真っ青でした。(笑)

 f:id:n-m-c-9311:20161007231209j:plain

使った量はこのぐらいです。

これで、チビの怪我が完治すれば良いんですがね~。

この後も経過を見つつ量を調整したいと思います~。

 

ウグイ飼育の次の記事はこちら!

www.uguing.com