みぃ~太郎のウグイング生活

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みぃ〜太郎のウグイング生活

ウグイを愛するみぃ~太郎が、様々な角度からウグイの魅力を発信します!

NEWタックル!シマノ ソアレBB C2000PGSS ダイワトラウトX 60L

f:id:n-m-c-9311:20160905204736j:plain

どうも、みぃ~太郎です!

前回お話したように、タックルを新調しました。

今日はみぃ~太郎のNEWタックルをご紹介します!

NEWリール ソアレBB C2000PGSS

f:id:n-m-c-9311:20160905204722j:plain

リールはシマノのソアレBB C2000PGSSと言うリールです。

デザインが気に入ったのでこのリールにしました。

スペックはシマノのホームページでみることができます。

fishing.shimano.co.jp

このソアレBBと言うリール、値段は1万ちょっとですが、最新の技術がフィードバックされて搭載されています。

特に良いなと思うのは、AR-Cスプールです。

飛距離を伸ばすためにスプールの上部が工夫された形状をしています。

もう一つ、最新技術と言うわけではありませんが、ハンドルがねじ込み式になっています。

ですので、ハンドルのガタが最小限に抑えられているところが魅力的です。

使ってみて思ったのは、回転がとてもスムーズだと言うことです。

本当になめらかに回転します!

だいぶ昔に買った1000番のエルフもこんな回転してたな~と思い出しました。

まぁ、ソアレの方が真っ青な色したエルフよりも断然かっこいいですけどね。(笑)

そして、軽く感じるので釣りに集中できます!

レブロスと比べると1ランクか2ランク高いレベルのリールに感じます。

f:id:n-m-c-9311:20160905204727j:plain

みぃ~太郎の買ったソアレBBはC2000というサイズです。

レブロスも2000番台なんですが、同じ2000番台なのにソアレはレブロスと比べると小さく見えます。

軽量化のためなのかな、とグーグル先生に聞いてみると、C2000のCと言うのは、コンパクトボディのCのことだと教えてくれました。

つまりスプールは2000番だけどボディーは1000番のサイズと言うことです。

それで、小さく見えるわけですね~。

 

ほぼ、デザインだけで決めましたが今のところは気にいっています。

シマノ リール 13 ソアレBB C2000PGSS

シマノ リール 13 ソアレBB C2000PGSS

 

 

NEWロッド ダイワTROUT-X 60L

f:id:n-m-c-9311:20160905204723j:plain

写真がボケてしまいましたが、ロッドはダイワのエリア用ロッドにしました。

このロッドの特徴は、ブレーディングXと呼ばれる加工がしてあることです。

簡単に言うと、「カーボンテープがロッドのバット部分にX状に巻いてありますよ」というものです。

それにより、キャスト時のロッドのねじれを軽減できより正確なキャストが可能になるらしいです。

実際にキャストして見て、ブレが無いことは実感できました!

今までよりも思い通りにキャストできます。

激安ロッドを使っていた人は、数段キャストのテクが上がったように錯覚すると思いますよ~。

f:id:n-m-c-9311:20160905204721j:plain

他にもソアレと共につかってみて、今までよりもルアーを遠投できるようになったと感じました。

ラインを細くしたことも関係があると思いますが、以前のタックルより2ランクはレベルアップしたと感じます。

本当は、3gぐらいのサイズのスプーンとかスピナーとかを使うなら、同じトラウトXの60XULの方が柔らかくて飛距離が出るのかもしれないですが、ペナぺナのロッドは個人的に苦手なので、それよりも固くて、なおかつ3g台のルアーでも飛距離の出そうな60Lにしました。

結果、「今までよりも使用ルアーとのバランスが良いタックルになったかな~」と思います。

 

詳しいスペックはダイワのサイトでみることができます。

DAIWA : トラウトX - Web site

NEWタックルの感度について

この前までのメインロッドの前に使っていたカーボンロッドのマーベラスと比べてですが、感度は思っていたよりも良くありませんでした。

マーベラスが異常だったのかもしれません。

その代わり、ペナッペナ過ぎて30センチ大のウグイがかかったら無理はできないようなロッドでした。

軽さも、マーベラスの方が感覚的に半分以上 軽く感じました。

エントリーモデルはこんなもんなんですかね~。

ソアレと相まって、かっこは良いんですけどね…。

f:id:n-m-c-9311:20160905204717j:plain

ダイワ(Daiwa) ロッド トラウト X 60L

ダイワ(Daiwa) ロッド トラウト X 60L

 

 

 NEWタックルでの初ウグイング! 

f:id:n-m-c-9311:20160905204731j:plain

早速、何回かNEWタックルでウグイングに行きました。

しかし、水少なっ!

以前にせっかく見つけたポイントは水か少なくて魚はいなくなっていました。

f:id:n-m-c-9311:20160905204734j:plain

それなら、もっと上流に行こうと川をさかのぼって行くと、水面にぽつぽつと波紋が広がっているのを見つけました!

魚がいる!と思いそっと近づいてウグイングルアーを投入すると…

f:id:n-m-c-9311:20160905204732j:plain

はい!やはり釣れました~!

ウグイちゃんです。

上の写真のポイント、そこそこ深く見えると思いますが実は水深20センチもありません。

こんなところでも、ウグイングルアーなら小物釣りできて楽しいです。

しかしここで問題発生!

グリップがウグイ臭におかされました!!

スポンジ系のグリップは臭いが移りやすい気がして好きじゃなかったんですが、「やっぱりか~」って感じです。

やっぱりグリップは安くてもコルクの方が好きですね。

f:id:n-m-c-9311:20160914172000j:plain

※16年9月14日追記

こないだ、ウグイングから帰ってきて、ロッドを洗うのを忘れてしまいました。

すると、次の日ウグイが触れたところが白くカピカピになっちゃいました。(涙)

洗ったらとれましたが、スポンジ系はやっぱり嫌だな~。

 

後日、みぃ~太郎のホームの川でもNEWタックルを試してみました。

この日は、ウグイングルアーは不調で、ウグイたちはあまりついてきませんでした。

(みぃ~太郎、二色しかウグイングルアーを持っていないのでそのせいかもしれません。)

 f:id:n-m-c-9311:20160905204756j:plain

なので、ブレットンに変えてみると、来ました来ました!

ウグイちゃん。

どちらも可愛いサイズ。

早く、NEWタックルでビッグウグイとやり合いたいですね~。

f:id:n-m-c-9311:20160905204749j:plain

f:id:n-m-c-9311:20160905204751j:plain

 

 こんな記事も書いています!

www.uguing.com

www.uguing.com