みぃ~太郎のウグイング生活

みぃ〜太郎のウグイング生活

ウグイを愛するみぃ~太郎が、様々な角度からウグイの魅力を発信します!

ウグイングにランディングネットって必要?

f:id:n-m-c-9311:20160830215229j:plain

どうも、みぃ~太郎です!

先日の連続の台風の影響で、北海道ではかなり雨が降りました!

こないだUPした写真の川も、河川敷が冠水して堤防の上限に迫る勢いでヤバイ状況でした!

普段は水が流れているのかわからないような小川も、もう少しで氾濫しそうでした。

f:id:n-m-c-9311:20160830215728j:plain

マジで、釣りどころではありません!

避難勧告とか出てるか、何度もネットで確認していました。

でも結局、氾濫せずにすみました~。

ぎりぎりセーフです!

 

さて!今日は、トラウトフィッシングや海釣りではよく見かけるランディングネットの話です。

ランディングネットとは?

簡単に言うと、魚を陸あげするときに使うタモのことです。

ランディングネットを使う主な目的は、バラさないようにするということと、魚を傷つけないようにすると言うことです。

 

 

ランディングネットで若返る?!

f:id:n-m-c-9311:20160831200519j:plain

みぃ〜太郎がここ7年ぐらい愛用しているランディングネットです。

結構ボロボロですが、普通の使い方をすればこんなにボロボロにはなりません。(笑)

 

f:id:n-m-c-9311:20160831200540j:plain

なぜこんなにボロボロになったかというと、かなり昔、友達とウグイングしに来たときに全然ウグイが釣れ無いので、その代わりに見つけたヨシノボリを、はしゃいでランディングネットで追いかけ回した結果、石やコンクリートに負けて削れてしまったんですね〜。

そんなに安いもんじゃ無いのでこんな使い方はしてはいけません。

それをやるなら魚とり網的なヤツでやるべきです。

 

こないだウグイングに行った時も、楽しくなっちゃってやってしまいました!

 f:id:n-m-c-9311:20160830212751j:plain

魚がいないか探していると…

何かの群れが泳いでいます!

こんなのを見ると捕まえたくなりますよね~。

ランディングネットで追いかけまわした結果…

f:id:n-m-c-9311:20160830212731j:plain

捕まえました!

ウグイじゃなくて、ただのドジョウでした…。

わー。楽しいー!

f:id:n-m-c-9311:20160830212802j:plain

 

こんな感じで使ってると、ランディングネットはボロボロになりました…。(笑)

でも、楽しいのでやめられません!!(苦笑)

 

別の日には、ヤツメウナギを見つけたことがありました。

ちょうど、ランディングネットを持っていたので、もちろんそれですぐ捕まえました~。

ヤツメウナギってよく見ると顔がすごく気持ち悪いです。

リリースしてから「ヤツメウナギは滋養供給に効く」的なことを思い出したのですがもう遅いです。

ヤツメウナギはもう手の届かない距離まで泳いで行ってしまいました。

しかし衝撃的なことにそのヤツメウナギは、まだ見えるうちに、トンビにさらわれてしまいました!

ちょっと…ショックでした…。(涙)

 f:id:n-m-c-9311:20160830212725j:plain

ということで、だいぶ話がそれましたが、ランディングネットを持っていると、少年気分に戻って魚を捕まえることもできますよ〜という話でした。

  

ランディングネットの利点

ランディングネットを持っているといいことは、釣り上げた魚の写真を撮るときに写真が引き締まる点でしょう。

というか、トラウト用の小さめの高級ランディングネットの目的は写真用としか思えません。(笑)

 f:id:n-m-c-9311:20160830212956j:plain

バーブレスフックの場合はテンションが弱まるとフックが外れてしまうので、「釣り上げたのに写真撮る前に逃げられた!」ということも回避できます。

そしてランディングネットは魚にも優しいです。

よく言われることですが、魚は人の乾いた手で触ると火傷するそうです。

なのでランディングネットがあれば、そして、バーブレスフックを併用すれば魚の負担を最小限に抑えることができます。

ランディングネットの弱点 

ランディングネットの最大の弱点は、釣りを終えた後も臭うことです。

 川でガシガシ洗ってもそう簡単には臭いは落ちません。

大体いつも、水道水で洗って、2、3日天日干しすれば臭いが薄くなります。

機会があれば、臭いがつかなそうなラバータイプや、どんな臭いにも効く消臭スプレー的なのも、試してみたいと思っています。

 

もう一つの弱点は、「ウグイごときにランディングネット?」という周りの人の目が気になると言うことです。(笑)

いやっ、だれもそう思っていないかもしれません。(笑)

というより、ウグイ狙いだと気付かれていないと思います。(笑)

 

でも現実、30,40センチのウグイがかかると陸あげも一苦労です。

先日40センチ台のウグイを釣り上げたんですが、その時も大変でした。

キャッチして見ると、みぃ~太郎のトラウト用のランディングネットではサイズ的に役立たずでしたので、今後のことも考えてもっと大きいのを買おうかと迷っています。

 f:id:n-m-c-9311:20160830212715j:plain

気になるランディングネット

 みぃ〜太郎が、今一番気になっているプロックスというメーカーの、ラバーのランディングネットです。

 EVA素材のグリップで取り外しも可能みたいです。

そして、一番の魅力は値段が安いことです。

Abu Garcia(アブ・ガルシア) マグネットリリーサー3.5

Abu Garcia(アブ・ガルシア) マグネットリリーサー3.5

 

 同時にマグネットリリーサーの購入も検討しています。

便利そうなので使ってみたいんですよね~。

いつになるかわかりませんが、購入できたらレビューしたいと思います!

 

まとめ
ランディングネットをウグイングで使う時も、堂々と胸を張って使うべし。
ただ、ウグイ臭には気をつけること!(笑)

 

こんな記事も書いています!

www.uguing.com

www.uguing.com