みぃ~太郎のウグイング生活

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みぃ〜太郎のウグイング生活

ウグイを愛するみぃ~太郎が、様々な角度からウグイの魅力を発信します!

このスピナーに弱点なし!二アキス by スミス

f:id:n-m-c-9311:20160805165249j:plain

最近、スピナーにまたハマりかけています。

メインで使っていた、チヌークやコンデックスが手に入りにくくなってきたので、「他のルアーも試してみるか~」って感じです。

その中でも、みぃ~太郎が初めてウグイを釣り上げたルアー、二アキスには特別な思い入れがあります。

それで、今日は二アキスの魅力をまとめてみたいと思います。

他のスピナーとどこが違うの?

ぱっと見て、二アキスは他のスピナーと違い、かっこよく見えます。

二アキスに出会うまで、スピナーってカラーバリエーションが沢山あっても、なぜか「全色欲しい!」と思ったことはありませんでした。

でも二アキスは見た目がすごくきれいで、所有欲をわかせてくれるスピナーだと感じます。

でも、二アキスのほんとの魅力はそこじゃないんです!

スミスのサイトには二アキスの開発の理由が簡単にまとめられています。

フィッシュボディースピナー
ニアキス

「スピナーは良く釣れて好きなんだけど、糸ヨレがね・・・」

「簡単なボディーの作りが物足りない・・・」
などのアングラーの声をよく耳にし、「いいなぁ~と思う物があまり出てこないよねぇ」と言うアングラーに答えるためです。

  (出典:SMITH)

 

まとめると、二アキス開発で目指したものは、糸ヨレと簡素なボディーを改善したスピナーを開発することだったようです。

どう改善されているのか一つ一つ確認して行きましょう!

糸ヨレ対策

f:id:n-m-c-9311:20160805172735j:plain

スピナーの糸ヨレ対策と言えば、スナップスベイルがまず最初にあがると思います。(というか、それ以外思いつきませんが…。)

でも、スナップスベイルは主観ですが全長が長くなってしまうので好きではありません。

スナップスベイルを使うと、ルアーとラインが直接接していないからか、ルアーがいつもと違う動きをしますし、キャストの時にも何とも言えない違和感があります。

しかも、その割には糸ヨレ解消効果はあんまりない気もします。

 f:id:n-m-c-9311:20160714121208j:plain

その点、二アキスはシャフトにスベイルがついているので、全長が長くなるのを最小限に抑えつつ、なおかつ糸ヨレ軽減という画期的な構造です。

でも…「全長問題は解決しても、糸ヨレ軽減効果はスナップスベイルと変わらないんじゃないの~?」とみぃ~太郎は思い、最初二アキスをなめていました。

でも、使ってみるとスナップスベイルよりは全然ましなことに気付きました。

全く糸ヨレしないわけではないんですが、「無いよりは絶対ついていたほうがいい」と思わせてくれます。

 スピナーの弱点を補うフィッシュボディー

 f:id:n-m-c-9311:20160805172724j:plain

ニアキスのボディーにはかなりリアルな小魚がくっついています。

スピナーとミノーのいいとこ取りです。

普通スピナーはトィッチングしてもブレードの回転が速まるだけです。

でも、フィッシュボディーのニアキスなら本物のミノーのようにとはいきませんが、ミノーのように平打ちさせてアピールさせることができます。

これは普通のスピナーには無いすごい武器だと思います。

f:id:n-m-c-9311:20160805172731j:plain

投げて巻いての繰り返しだったスピナー釣りが積極的にアクションを起こして釣り上げるアクティブな釣りに変わる時代が来ました〜!革命的です!

シングルフック搭載

 f:id:n-m-c-9311:20160805172728j:plain

初めからシングルフックというのも、みぃ〜太郎的にはありがたいです。

ブレットンみたいに「買ってくるたびにフックをちょんぎって、外したトレブルフックは使い道なし…」なんてならないので本当に助かります。

スプリットリングは、初めから平打ち加工されたものがついています。

スプリットリングがついてるとフック交換も楽なのでこれも助かる点です。

 二アキスの弱点

f:id:n-m-c-9311:20160805172738j:plain

ニアキスの弱点を挙げるとすれば、少し値段が高いことでしょうか。

3グラムのニアキスでも、一つ700円近くします…。

できれば、「スピナーやスプーンはワンコインぐらいで買えたらいいな〜」と思ってしまうんですが、そう思うのはみぃ〜太郎だけでしょうか?

実際に使ってみて

使ってみての印象は、よく飛ぶし、ちゃんと沈むし、「コントロールしやすいスピナーだな~」と感じました。

同じ重さのブレットンと比べてもかなり飛距離が出ます。

沈むスピードもブレットンと比べて速く感じます。

 

そして、なぜか二アキスには小さな10センチ台のウグイがかかったことがありません。

ブレットンなら10センチ台もしょっちゅうかかるんですが、今まで二アキスで釣りあげたウグイは20~30センチ台ばかりです。

先日も二アキスでウグイングしていたら、でかいのがかかりました。

あわててスケールを出して測ってみると…

f:id:n-m-c-9311:20160801185112j:plain

37センチ!!!

でかい!!

めったに見れないサイズです!

f:id:n-m-c-9311:20160801185116j:plain

みぃ~太郎が今まで釣りあげたウグイの最大記録を更新しました。

ちなみに、今までの最大サイズは海で釣りあげた36センチのウグイでした。

まさか川でこの記録を打ち破るとは思ってもいませんでした。

恐るべし二アキスです!

 

まとめ

ニアキスのことを、べた褒めしてしまいました〜。

正直大好きなスピナーです。

つぶらな瞳の小魚ちゃんが可愛いです。

でも、ニアキスはブレットンほど数は釣れないんですよね〜。

大物狙いのここ一番バッター的存在ですね。

 

こんな記事も書いています!

www.uguing.com

www.uguing.com