みぃ~太郎のウグイング生活

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みぃ〜太郎のウグイング生活

ウグイを愛するみぃ~太郎が、様々な角度からウグイの魅力を発信します!

前編 バーブレスフックはバラしやすい!?検証でわかった驚きの真実!

f:id:n-m-c-9311:20160714120009j:plain

「バーブレスフック」と聞くとネガティブなイメージを持っておられる方も多いかもしれません。

「エリア専用の針でしょ~」なんて思っている方もいるかもしれません。

「導入してみたいけど、ばらすのが心配だな~」という方もいるでしょう。

そこで、この記事では「本当にバーブレスフックは、かえし付きの針に比べてばらす率が高いのか」を検証してみたいと思います。

 

試験用ルアー作りましょう!

検証するために全く同じルアーを用意しました。

今回はブレットンのシルバー3gを買ってきました。

なぜブレットンなのかと言いますと昔、みぃ~太郎はブレットンで沢山ウグイを釣ったので、絶大の信頼を置いているからです。

f:id:n-m-c-9311:20160714120038j:plain

 

そのことについては下の記事でも触れていますので是非ご覧ください!

m-c.hatenablog.com

ブレットンはノーマルではトレブルフックがついていますので、まずはこのトレブルフックを外して、一つ目のブレットンはバーブありのシングルフック、二つ目のブレットンはバーブレスのシングルフックに交換していきま~す!

f:id:n-m-c-9311:20160714120101j:plain

ブレットンの針を交換するには、トレブルフックを切断しなければなりません。

ペンチでパキッと切ってしまいます!

f:id:n-m-c-9311:20160714120159j:plain

そして今回用意した二種類の針をそれぞれ装着していきます。

今回は近くの釣具屋さんで見つけた、オーナーばりさんの割とスペックが近い針を採用しました。

サイズはどちらも♯6です。

スプーン専用と書いてますが、スピナーにつけても問題はないと思ってこの針にしてみました。

下のリンクからスペックを確認することができます。

 

バーブあり S‐31  http://www.owner.co.jp/product/detail.php?no=11650

バーブなし SBL-35 http://www.owner.co.jp/product/detail.php?no=11607

f:id:n-m-c-9311:20160714120240j:plain

 

フックの装着にはスプリットリングを介します。

今回装着のスプリットリングはいつ買ったのか記憶にない、家に保管してあった平打ち加工がしてある強化品のスプリットリングです。

スプリットリングが伸びるほどの大物はみぃ~太郎のホームの川では釣れないのですが、黒のスプリットリングってかっこいいので、まぁ良しとしましょう!

f:id:n-m-c-9311:20160714120300j:plain

そうちゃ~~~く!!!完成です!

こんな感じでテスト用のブレットンが完成しました。

バーブが有るか無いかの違いだけのブレットンです。

f:id:n-m-c-9311:20160714120317j:plain

さて、早速釣りに出かけましょう!

今回テストする川はみぃ~太郎がホームにしている川です。

地元ではウグイのメッカと呼ばれています。(笑)

f:id:n-m-c-9311:20160714120344j:plain

テスト方法は、一匹釣れるごとにバーブ有りとバーブレスをチェンジして、どっちがばらす率が高いかを調査したいと思います。

一回の釣りでは比較するためのデータが集まらない可能性もありますので、日付を変えて何度か釣りをしてデータを集めたいと思います。

データは下のチェックシートを使ってチェックしました。

f:id:n-m-c-9311:20160626211950p:plain

具体的な調査の方法

ヒット数に数えられるのは魚が確実に針にかかった時です。

・一瞬くわえて吐き出された場合は、バーブがあるか無いかというよりも、みぃ~太郎のアワセのテクニックの問題なのでカウントしていません。

キャッチ数というのは文字どうり釣りあげることに成功して、キャッチできた数をカウントします。

 

さて…結果はどうなるのでしょうか?

後編をお楽しみに!!

www.uguing.com

www.uguing.com