みぃ~太郎のウグイング生活

みぃ〜太郎のウグイング生活

ウグイを愛するみぃ~太郎が、様々な角度からウグイの魅力を発信します!

ウグイング初心者にお勧めしたいリール

f:id:n-m-c-9311:20161024193926j:plain

みぃ~太郎は今、ダイワさんのレブロスを使っています。

上を見ればキリがないので、「それなりの性能があればいいかな~」と思って今はレブロスで満足しています。

みぃ~太郎も、色々なリール(特に激安リール)を使ってきて、失敗した経験があります。

それで今日は、これからリールを買おうとしてる初心者の方にみぃ~太郎と同じ失敗をしてもらいたくないと思い、リールを買うときに注意してもらいたい点をいくつか取り上げていきます!

 

まずはじめに…

初めてルアーフィッシングをしようと考えている方の中には、「初心者だから安いセットで良いんだ~」と考えている方も中にはいると思います。

でも、初心者であっても特にリールに関しては、激安の物は避けた方がいいと自信を持って断言できます。

 

なぜ、激安はいけないんでしょうか。簡単に結論を述べると、釣りに集中できないからです。

どういうことなのか、みぃ~太郎の経験談を聞いてください。

 

 激安リールは本当に激安?

昔、みぃ~太郎が中学生のころルアーフィッシングを始めようと思って、図書館で借りてきた「初めてのルアーフィッシング!」的な本で一生懸命勉強していました。

その本を読んで、「フムフム。ルアーフィッシングを始めるにはルアー用の竿とリールが必要なんだな。

今度ホームセンターに買いに行こう!」と決意しました。

 

そのころ中学生でお金がなかったので、ホームセンターで売っている1000円ぐらいのリールを買いました。

最初は、タックルが揃っただけで嬉しくて、自宅の隣の空き地でキャスティングの練習とかをしまくっていました。(危ないので良い子はまねしないでね!)

 

しかし、買って3日ぐらいたったある日、急に事件が起こりました。

キャスティングした後、リールを巻いてルアーを回収しようと思ったところ、「あれ?あれ?全然糸を巻き取ることができない!」良く手元を見てみると、リールのベール部分の付け根のローラー(ラインを巻き取るために必要なローラー)をとめていたネジが無くなってしまっているではありませんか!

その時はすぐ見つけて、ドライバーで締め直したたんですがその後、実際に釣りしてる最中にも外れてしまってその日の釣りはそれで終了してしまいました。

 

それで、このリールはダメだと思って今度はダイキャスト製のようなボディーの、2000円ぐらいのリールに買い換えました。

そのリールも結局、同じ現象が起きましたが、さすがにお金を使ったばかりだったので、そのリールは、だましだまし使い続けました。

 

激安リールの所産はズバリ!釣りに集中させてくれないと言うことです。

そして、壊れて買い替えなければならないので、結果高くつきます。

釣りをしにきているのに、ライントラブルで終わってしまうのは悲しすぎますし、上達のために使えたはずの時間も奪ってしまうので、激安リールはお勧めできないわけです。(現に、みぃ~太郎は1年を無駄にしたと感じています。これがなければもう少し早く上達しただろうに…。)

どんな価格帯のリールがお勧めか 

みぃ~太郎はそんな出来事を経験して初めて、新しい壊れないリールを買うことを決意しました。

きっと、有名なメーカーの物ならきっと壊れないだろうと思い、「ダイワさんとシマノさんのどちらかだな」と考えました。

それで、釣り具屋さんに行き、デザインが気に入ったダイワさんのラクセルⅤ2500と言うリールを買ったのでした。

 

ラクセルは、ダイワさんの中でも安リールの部類ですが、当時のみぃ~太郎はスムーズな回転、ハンドルのガタの無さなどにすごく感動しました。

実際一番長く使い続けた大好きなリールでした。

 

結局、ラクセルが壊れたりすることはありませんでしたが、渓流釣り用にとその後購入したシマノさんのエルフ(諸事情により一瞬で手放してしまいました 涙)の質の高さに影響され、ラクセルの欠点が色々見えてくるようになり、レブロスに買い換えるに至りました。

f:id:n-m-c-9311:20170222230445j:plain

なぜ、ダイワさんのレブロスにしたのかと言うと、デザインが気に入ったからです!

本当はシマノさんのアルテグラ・アドバンス、もっと欲を言えばステラが欲しかったのですが、そんなにお金があるわけでもなく、予算内で一番かっこよかったレブロスにしたわけです。

今のところ、釣りをしている最中にトラブルも起きていませんし、基本的な性能も値段の割にはしっかりしているのでお勧めです。

 

結論を言うとリールの性能は値段で決まると思います。

値段が高くなればベアリングの数も増えてスムーズに回転するようになりますし、最新のテクノロジーが搭載されていたりします。

できるならそういうリールを買った方がいいと思いますが、予算の面で無理な人は激安だけは避けて、安くてもトラブルが少ないダイワさんやシマノさんのエントリーモデルをお勧めしたいと思います。

 

レブロスの現行型はもっとかっこよくなりました!お勧めですよ!

ダイワ(Daiwa) リール 15 レブロス 2000

ダイワ(Daiwa) リール 15 レブロス 2000

 

下のページもお勧めです!

www.uguing.com

www.uguing.com

www.uguing.com